かかと角質

足の裏のたこは日数をかけて少しずつ薄くしよう

「足の裏のたこ」は、足の裏の圧迫や摩擦、乾燥により角質が硬くなった事により生じます。角質が層になり硬くなっているために、触るとカチンカチンになっているのがわかると思います。ですが痛みはありません。

見た目が似ているものに、魚の目がありますが、魚の目は皮膚の中に芯が出来てそれが真皮まで膨らんでいくために痛みが生じるのが特徴です。たこは痛みがありませんから、硬い層になった角質を取り除く事でなくす事が出来ます。

角質を取り除く方法として、軽石などでこすり取る方法があります。この場合は力任せにこすると正常な皮膚までダメージを与えてしまうために、優しく何日か時間をかけて削っていくといいでしょう。ただ、加減が難しいので自身がなければサリチル酸の絆創膏や液体の治療薬でやわらかくなった分だけ削り取るようにしましょう。

また、かなり乱暴な方法ですがカミソリやカッターで硬い部分を削り取る人もいるようですが、角質は硬いので力を入れすぎて他の部分を切ってしまう恐れもあるためにおすすめできません。

いずれの場合も、角質を削った後は保湿クリームなどで削った部分をコーティングするようにして下さい。

足裏は皮脂がなく乾燥しやすいので、こういったクリームでコーティングする事で乾燥を防ぐ事が出来、たこの再発を防ぐ事が出来ると思います。