かかと角質

足の裏のたこは長時間圧迫や摩擦が原因でできる

足の裏は、以外と変化に気がつきにくい部分です。手に何かできものが出来たり異常があるとすぐに気がつくのですが、足裏だと何気なく見た時に異常を見つけことになると思います。

例えば入浴中に足裏を洗っている時にたこが出来ている事に気がついた事はありませんか。

たこは、同じ場所に長時間圧迫や、摩擦が加わる事によって皮膚の表面の角質が厚くなる症状です。

似ている症状として、魚の目があります。魚の目も同じように角質が厚くなるために、見た目は似ているのですが、魚の目の場合は、皮膚の表面が硬くなるのではなく、真皮の中に向かって角質が厚くなっていきます。

進行が進むと、真皮層に硬い芯が当たるために、外部から触ったり刺激を加えると針で刺されたような痛みを感じます。

一方たこの場合は、皮膚の表面が硬くなるだけですから痛みは感じません。とはいっても、硬くなった皮膚は見た目もよくありませんし、靴下が引っかかったり、ストッキングを電線する原因にもなります。

たこは、厚くなった角質を取り除く事で治療が出来ます。取り除き方は、専用のヤスリで少しずつ削るようにして下さい。

一度に削ったり、刃物で無理矢理取り除くのは大変危険ですし、場合によっては余計角質が厚つ硬くなる可能性があるので絶対に辞めましょう。