かかと角質

かかとの角質のように足の裏の角質が厚くなってきたら水虫かも?

水虫は大きく分けますと、4種類のタイプが有ります。

【趾間型水虫】
足の指の間の皮膚が、『ふやふや』にふやけます。それが酷くなりますと、皮膚がゴツくなり、厚くなってひび割れた状態になります。趾間型水虫は、水虫の中では初期のタイプになります。高温多湿になりやすい、足の指の間に、よくできます。足の指の隙間が開いていない靴を履いていると、この趾間型水虫になりますいです。指の間の皮膚が剥けて、皮膚が柔らかくなります。更に症状が酷くなりますと、皮膚が赤くなります。

【小水庖型水虫】
足の裏に小さな水膨れができます。趾間型水虫が進行したり、増えたりしますと、足の裏に小さな水膨れできます。この水膨れを潰すと、ネバネバした液体が出てきますが、この液体には臭いはありません。液体の中には水虫菌がいますが、特に他人への感染はありません。この水膨れは最初の頃は、とても、とても強い痒みが出ます。この痒みは炎症から来るものなので、炎症が少ない冬は痒くならないこともあります。

【角質型水虫】
足の裏の皮膚が厚くなって、ひび割れを起こし、白い線ができた状態になることを言います。水虫を治さないで、そのままにしておきますと、水虫の進行形として現れますのが、この角質型水虫です。足の裏の皮膚がゴツくなり、ひび割れを起こし、足の裏全体が乾燥して、皮膚が固くなります。角質型水虫が更に進行したものが、爪水虫です。

【爪水虫】(趾間型)
(小水庖)(角質型)の水虫が更に進行しますと、爪が白くなり、変色します。爪水虫は水虫の中では、一番酷い水虫です。すなわち末期の水虫です。爪の表面が凸凹になり、爪がボロボロになります。痒みは有りません。

爪水虫はとても面倒な水虫です。内服薬を飲んで、時間をたっぷり掛けて治療しますが、完治するには1年掛かります。水虫は、趾間型→小水庖型→角質型→爪水虫の順番で酷くなります。酷くならないように、初期の段階で治療しましょう。