かかと角質

かかとがガサガサは水分不足か水虫が原因

かかとがガサガサになる原因は、乾燥や水虫などによるものがあります。

最も多いのが乾燥で、ガサガサになると白い粉をふいたようになります。この場合は、古い角質を除去して水分や油分を補う必要があります。

保湿成分配合のクリームや尿素の配合された、かかと用のクリームを使う事でツルツルのかかとになっていきます。

角質取りは、かかと専用のヤスリで取り除きますが、綺麗にしたいと思って毎日ヤスリで擦るのは止めましょう。毎日擦ってばかりだと、肌に必要な角質まで取り除いてしまい、余計に固くなってしまいます。1週間に1~回ぐらいが良いでしょう。

水虫が原因でガサガサになるのは、特に女性ですと通気性の無いパンプスやブーツ。蒸れやすく白癬菌が繁殖しやすいので、まずは水虫を予防する事が大切です。

その為には、同じ靴を履くのは避けたり、足指を洗ったり、素足でいる時間を多くしましょう。

また、水虫が原因の場合は皮膚科で診察してもらうのが良いでしょう。抗真菌薬を処方されますので、塗布や服用する事により、内側から真菌を死滅させます。死滅させる事で、ガサガサ感は治っていきますので、後は水分や油分をしっかり与えてあげればツルツルのかかとを保つ事ができます。