かかと角質

かかとの角質ガサガサに対処してスベスベに

かかとがヒビ割れたり、ガサガサして粉がふいたりした経験はありませんか?この症状は、年齢を重ねれば重ねるほど必要な皮脂が失われるため起こるものだと思われている人も多いと思いますが、実はそんなことはありません。10代から、かかとのガサガサに悩まされることもあります。

自身も経験がありますが、靴下を履く習慣がなく真冬に裸足で歩き回ってしまったために、かかとの水分・油分が失われ、最終的にヒビ割れに発展したことがあります。

アカギレを経験された方はお分かりかと思いますが、少しの傷でも触れるだけで飛び上がるほど痛いのですね。でも、ヒビ割れを起こしてからでは症状改善は長引きます。タイツやストッキングも破れやすく、本当に厄介です。

そんな時、助言をしてくれたのは母親でした。母は、かかとのヒビ割れの原因が角質にあることを教えてくれました。例えば、合わない靴を無理して履き続け、素足で冷たい床を歩き回ると起こるそうです。

私の場合は後者の「足を冷やす」ことで起こってしまったので、一生懸命に保湿を試みました。特に冬場はガサガサしやすいので要注意です。足を冷やさないように必ず靴下や厚めのタイツを履き、お風呂上がりには保湿クリームをしっかり塗布すること。これだけで症状はかなり和らぎました。

お風呂はシャワーで済ませずに、出来るだけ湯船に浸かるようにすることも大切です。たっぷり温もることで血行が良くなり、かかとや指先にも血流が行き届きます。ヒビ割れの原因は乾燥であることが多く、体を温め保湿クリームを頻繁に塗布して水分を保つようにすればたいてい改善すると思います。

かかとの角質は体重を支えているので負担も掛かり、他にもいろいろな影響が出ることがあります。かかとの角質について理解を深め、悩みとさよならできるようになりましょう。